読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

「くだらなさ指数100のフィリピン人女社会」をすいすい泳ぎ切るために

横須賀基地のフィリピーナ達との共存への道シリーズ その3 だいぶ前にフィリピン人の女社会は、日本の女社会よりも面倒なのです - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィアという記事を書きましたが、その仕組みを理解すれば日本人従業員にはちょろいも…

こんなフィリピン系アメリカン二世はつきあいやすい white washed Filipinos

ママはフィリピーナシリーズその3 フィリピン系アメリカン二世の特徴(横須賀基地のUS Navyとその他一部) - 横須賀基地の裏キャプテン フィリピーノ・マフィアという記事に出てきたフィリピン系二世とは正反対のタイプについて書きます。どういうタイプか…

私をはめようとして、逆に赤っ恥をかいたフィリピン人従業員の話

<横須賀基地のフィリピーナ達との共存への道シリーズ その2>私がベースに勤務していた当時、従業員全員に嫌われていたフィリピン人女性従業員ヴィクトリア(仮名)がいました。私と同じタイトルでしたから仕事の等級は同じ。なのにボス気取り。そんな彼女…

ガンジーを目指すな フィリピーナという濁流に飲み込まれないために

横須賀基地のフィリピーナ達との共存への道シリーズ その1 ガンジーを目指すな フィリピーナという濁流に飲み込まれないために 私がベースの外で働いていた時、フィリピン人と働くのが耐えられなくなって横須賀基地を辞めたという女性達に出会いました。あ…

フィリピーナ達とは縁があったんだなと思います

フィリピン人が台頭する横須賀基地で働いて感じたこと。それは彼女達と働いていてどんなに嫌な思いをしても「縁あって働いているんだな」というところに落ち着いついてしまうということ。 photo by Exciting Cebu -- Rusty Ferguson 初めての出会いは実家の…

フィリピーナの身を切るギャグ&ブラックジョーク

私はベースで接客業についていたため、シフトは不規則でした。当然変な時間にお腹が空きます。(よって代謝が下がり、太りやすくなる・・・・というのが当時の私の言い訳でした)そうするとフィリピン人の同僚が食べかけのものを分けてくれるのです。そして…

フィリピン人は本当にトライリンガルが多いの?

横須賀基地で働くフィリピン人従業員の多くは、母国語であるタガログ語、そして英語・日本語の話せるトライリンガルと言われています。だけど一緒に働いてみて感じたのは、日本で暮らすようになって10年以上経つのに、いまだに日本語で何を言いたいのかがわ…

フィリピーナはシモネタもOK。っていうかむしろ好きです

私がベースで働き始めて、一ヶ月ほど経ったある日のこと。フィリピーナ:あなたの旦那さんなにじん?私:アメリカ人。フィリピーナ:知ってる。何色の人?私:ヒスパニックで肌は白。フィリピーナ:ふーん。ヒスパニックか・・・。大きいね。私:いや、そん…

「時間潰すのつきあって」のひとことが言い出せないフィリピーナ

ベースで働いていた頃のある日の仕事帰りの出来事です。私と同じ退勤時刻になっていたフィリピン人女性従業員レオノアがいました。レオノアの性格は朗らかで、一緒に働き始めてから一年くらい経つと、私に対してまったく遠慮してこなくなり、言いたい放題だ…

今後も増え続けるフィリピン人。日本語教師の需要も増えるでしょう

フィリピン人の数はまだまだ増えそうです。興行ビザの発行数が大幅に制限されたことで、フィリピン人の数は減ったといわれていますが、横須賀で暮らしている限り増え続けているようにしか感じられません。 親戚を日本に呼び寄せたいフィリピン人達 // Marami…

フィリピン人にご馳走してもらう一杯は、味もありがたみも違った

「もうすぐ休暇。ボラカイに帰ったら皆にたかられてすっからかんになる。でもそれでいい。いっぱい飲んで食べて笑って、リフレッシュして帰ってくるよ。そしてまた頑張って働いてお金を貯めるんだ」 ベースで働いていた頃、同僚のフィリピン人男性Rが嬉しそ…