横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピーナの日本語がいつまでたっても上達しない理由

「アグネス・チャンの日本語はなぜいつまでたってもたどたどしいの?」と母に聞かれた時、どう答えてよいのかわからなかった私も、フィリピーナの日本語・英語がなかなか上達しない理由ならすぐに答えられます。
それは彼女達が日本およびアメリカで永住権をとった時点で、配偶者へのサービス精神がほとんどなくなるからです。
日本人が語学を学ぼうとする時、その理由は単に語学学習に楽しみを見出していたり、あるいは世界を広げたいからだったりしますよね。だから磨くことがまったく苦にならない。だけどフィリピーナの場合は違います。
楽しみだとかそんな悠長なことは言っておられず、語学は結婚に持ち込むためのツールでしかないので、結婚、そして永住権の獲得という目的を果たしたら、そのツールは不要になります。

http://www.flickr.com/photos/91695677@N00/3348694690

photo by Helga Weber

日本人との結婚に持ち込むために必要最低限のコミュニケーションが彼女達のゴール

もちろん彼女達の中には時々こちらが驚くほど日本語がうまい人もいますが、ごくまれです。 例えば日本で働き続けるためには、日本人男性と結婚するのが一番手っ取り早い方法です。
ですが結婚すると、彼女達の日本語習得意欲はまるで階段の踊り場のように一旦停滞します。そしてその後しばらくすると、永住権を獲得するまでは顧客サービスを忘れないわよ!と意気込んでまた少し頑張りだすのです。
私が働いていたベース(在日米軍基地)でも名字が日本名のフィリピーナが腐るほどいました。といっても日本人との婚姻関係が続いているわけではなく、多くは離婚済みでした。 なぜ離婚後も日本名を名乗るのかは謎ですが、彼女達に聞いた話では、やはり日本の名字はフィリピンでの信用度が高いからとのこと。

例えば彼らは日本で貯めたお金で母国に家を建てますが、その土地を購入する時に日本人の名字だと信用されやすいのだそうです。 話がそれました。まあこうして無事永住権を獲得した後は、武器としての日本語を磨く必要がなくなるせいか、そこで彼女達の日本語は頭打ちになってしてしまいます。後はベースで働く前に在籍していたフィリピンパブで使い古した日本語を延々と使いまわすだけ。応用もありません。

スポンサード リンク
 


例えばこんな感じ。

ベースのあるファストフード店で実際にあったやりとりです。あるフィリピン人の女性従業員が接客していたところ、彼女の知り合いの日本人男性が来店しました。

フィリピーナ: おにいさーん、いらっしゃい!

日本人男性: はは。●●ください。 (●●は$5程度のものです)


フィリピーナ: OK、$500.00プリーズ!おにいさん、お金持ち!


日本人男性: いいねえ、その枯れたジョーク。



この手のジョークは確かに枯れていますが、フィリピン人従業員達は皆好んで使います。もう散々使い古されて、聞いていて切ないくらい。フィリピンパブ時代のレベルで止まっているわけですから当然です。「ごますりごますり♪」とか「しゃっちょさーん」とかもその類ですね。
だけど「枯れた」と言われた側は、自分が何を言われたのかまったくわかっていないようでした。彼女は来日して10年以上経ちますが、枯れたという表現を知らないのです。おそらく興味がないからフィリピンパブ勤務時代に駆使した日本語の上に、新しい語彙が積み重なっていかないのでしょう。 形容詞を色々と知っていると、会話に幅が出て楽しくなるのになぁと私は思うのですが、永住権を持っている彼女達は、もはや会話に幅を出す必要を感じていないのです。
旦那さんに自分との会話を楽しんでもらって愛されて、なんとか永住権もらわなくちゃという気持ちだけが、彼女達に日本語を習得させようとしていたわけですから。モチベーションではなく必要性なんですね。
英語も同様で、こんなに長くベースで働いているのになんでこの程度しか話せないのだろう?と不思議に思ったものですが、彼女達にしてみればお金を稼いで毎月母国に送金できていればそれでいいんですよ。仕事がきちんとできる程度の英語が喋れていればOKなのです。ネイティブスピーカーと深い話をしたいとか、思ってないでしょうね。

関連記事:今後も増え続けるフィリピン人。日本語教師の需要も増えるでしょう - 横須賀基地の裏キャプテン フィリピーノ・マフィア