横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

国籍で人を警戒してしまうのは、人種差別ではない

知人のアメリカ人男性: 「僕は遊びではなく、きちんと一対一でおつきあいする女性にはかなりうるさいよ。白人の女はいやだし黒人もちょっとなあ。あ、最悪なのはメキシカン。あいつらうるさすぎるんだよ」

私:「じゃあジェニファーは?」

知人のアメリカ人男性:「ジェニファーかぁ。可愛いしいい娘だ(し胸も大きい)けど、フィリピーナだろ」

http://www.flickr.com/photos/79399613@N00/14506552752

photo by sobri

 
最後の知人男性のセリフを読んで人種差別だわ!と思った方、いらっしゃいますか?私は人種差別だとは思いません。 
フィリピーナ達の肩には母国で暮らす家族の生活がのしかかっています。彼女達と結婚したらそれをともに背負っていかなくてはなりません。彼女達は基本的に送金は自分達で稼いだお金からしているので、結婚相手に負担を求めることはほぼありませんが、それでもやはり、彼女達は外貨獲得目的のために諸外国で働き続けることが必要で、長期滞在するにはその国の国民と結婚するのが一番手っ取り早いのです

だけど結婚相手に選ばれた側にしてみれば結婚相手は別に僕/私でなくてもよかったのではないか、という思いをくすぶらせたまま送る結婚生活などごめんだ、と思いたくもなるでしょう。ただそう思える男性は、それなりに恋愛経験もあって、少なくとも本気で恋をして愛し愛する喜びを知っている人達です。
ですからフィリピーナ達は最初からそういう男性をターゲットからはずします。異性に縁遠い人生を歩んできて結婚というイベントがまぶしすぎる男性を狙うのです。


 関連記事:愛に生きるフィリピーナ