読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピーナにも勝ち組という概念がある

フィリピン人特有のがめつさやしたたかさ


勝ち組、負け組・・・・既に死語の香りがしますが、このあほらしい概念はフィリピーナの間にも存在します。
私がベースで働いていて「てめぇら!」とかちんと来ることが多かったのが、アメリカ人(米軍関係者)と結婚しているフィリピーナ

http://www.flickr.com/photos/37914686@N00/3412124532

photo by Frisno

多分アメリカンと結婚したってのが彼女達にとっての勝ち組の定義なのでしょう。態度でかい、悪い。
えっらそうにミリタリーの配偶者のIDを出すんだけど、なんかこういうバカってどっかで見たような・・・・と思ったら・・・あ、日本人妻にもこういうやつらいるよな(笑)と思い出しました。水戸黄門様の印籠じゃあるまいしねぇ。まあ愚かな人間はどの国にもいるってことか。

この勝ち組フィリピーナを接客していて"Print and sign your full name, please." (「ブロック体での氏名記入と署名の両方をお願いします」)と頼んでも、人を馬鹿にしたように雑な、もはやブロック体じゃないだろそれっていう字でさも面倒くさそうに氏名を記入するやつらがあまりにも多かったのです。
意地悪な私は口角だけあげて適当な笑顔を作って「お客様、お名前が読めませんのでわたくしが記入いたします。IDを拝見してよろしいでしょうか?」と言うと、このフィリピーナ達はなぜか急に下手に出て「あ、書き直します」というので「いいえ、こちらで記入いたします」と言い返し、この世で最もくだらないやりとりの一つに数えられるような、低レベルなやりとりが始まります。
で、結局私が勝つんですけど、こんなことに勝ってもしょうがないですよねぇ・・・。

彼女達を見ていると、日本人と結婚したフィリピーナ(当時の同僚)って随分まともな人が多いように感じられます。まあ私が同僚に恵まれていただけかもしれないけど・・・。

関連記事:フィリピーナの青春は遅れてやってくる