読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

もらえるものはもらいますという人達にお金を循環させる気はあるのか

このツイートを読んで、なぜ多くのフィリピーナ達が日本人の夫を捨ててまで一緒に暮らし、生きることを選んだフィリピン人の彼氏と再婚しないのかわかった気がします。
私はベースで働いていた頃、フィリピン人女性達が籍を入れずにボーイフレンドと同棲しつづけるのは、これ以上親戚を増やしたくないからだと思っていたのです。

「うちの子が過労で倒れたら、その嫁に頼ればいい」
そう思っているのがフィリピンに暮らす家族達です。もうこれはしょうがないことでしょう。(詳しくは横浜コトブキ・フィリピーノ を読んでみてください)

http://www.flickr.com/photos/7466876@N06/2274897983

photo by rjg329

だけど籍を入れずにただの事実婚であれば、恋人が何らかの事情で送金を続けることができなくなっても、自分がその義務を被ることはない。送金義務を逃れるためだけに、再婚をしないものだと思っていたのです。
だけどきっと彼女達は公的手当てを受給し続けたいから籍を入れないのでしょう。何の気なしに日本人従業員が「ねえ、なんであなた達は結婚しないの?」と聞くと、彼女達はみな苦笑いしたものです。日本の血税の一部はこうしてフィリピンに暮らす人々を支えているのですから、やはり金は天下のまわりものなのでしょうか。
こういう風に手当てを受ける人達の中に、自分が受けた恩恵をいつか社会に還元してこうという高尚な人がどのくらいいるのかはわかりません。
フィリピーナ達は日本社会に還元する前に、母国でカウチにふんぞり返ってテレビを見ながら金送れー金送れーと催促し続ける家族達の要求に応えるので精一杯。おそらく日本社会のことなど考える余裕もないでしょう。

だけどこういうことをしているのはフィリピン人だけではありません。日本人のシングルマザーが「正直言って結婚するメリットがないんだよね。私は安定第一の仕事に就いているし、今色んな面で優遇されているから」と言ったのをはっきりと聞いたことがあります(ただしその女性は言った直後に「まずい!」という表情をしていましたが)。
国籍は関係ありません。もらえるものはしっかりもらおうという人達に、いつか自分も与える側になろうという意識はあるのでしょうか。


関連記事:フィリピーナはロゴ地獄がお好き