読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

家族に裏切られても送金をストップできないフィリピン人達

フィリピン人の悲哀、心の支え


私ならたとえ血のつながった家族でも切り捨てているだろう、と思うようなことをされても、フィリピン人達は送金を続けます。

 

例えばフィリピンに家を建てるために貯めたお金が入っている口座を実の妹にも「生活費に使っていいよ」と言って使わせたところ、あっという間にすっからかんになってしまったという話をHさんという女性に聞いたことがあります。

Hさんが何年も日本で頑張って働いて貯めたお金を使い込んだのは、妹の話によると自分ではなく彼女の夫だとのこと。
Hさんは妹の話を信じるしかありませんし、妹とその旦那に腹をたてたり口座が空になったことを嘆いている暇はありませんでした。なぜならまた一から貯め始めなくてはいけないからです。
だけど新たに貯め始めたお金の入っている口座には、もはや妹さんにアクセス権はありませんでした。当然ですよね。ただしHさんは、病弱な父親のために送金を続けていて、そのお金の管理は残念ながら妹がしています。

スポンサード リンク


他にはフィリピンに暮らす父親にワゴンを買ってあげて「これで商売でもして」と言ったところ「じゃあその開業資金も送ってくれ」と言われたフィリピン人の話とか、もうざらですよ。実の父親に言われるんですよ?

そんな家族でも切り捨てられないフィリピン人達。休暇でフィリピンに帰って家族に会えるのは本当に嬉しい、と彼女達はいいます。そんな彼女達をおかえり!と言って出迎えた友人達は、日本で稼いできたんでしょ?お酒おごってよ!とたかります。だから休暇から帰って来る頃には彼女達はすっからかんになっていますが、それでも幸せなのです。 それでもいつかフィリピンに帰って暮らしたい、と思う。前出のHさんももちろんいつかは帰るつもりです。

「お父さん(Hさんの夫)にもね、もう話した。年をとったらフィリピンで一緒に暮らしてくれる?って。そしたらいいっていうからそうする」
実はHさん、日本人の夫と最後まで添い遂げようとする数少ないフィリピーナでもありました。

関連記事:それでもやはり、フィリピンに生まれてよかったと思える理由