読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピーナとの愛のある結婚は可能か?

フィリピン人にとっての結婚


フィリピーナ好きの男性の多くは中年以上ですよね。そんな中でも


1.「フィリピーナならいつまでもセクシーでいてくれて、いつまでもいちゃいちゃできるんだろうな」と自分にとって都合の良い幻想を抱いている人

2.彼女達を自分専属のホステスとしか思っていないような人


はカモられやすいと思います。http://www.flickr.com/photos/48874889@N00/2286887709

photo by Raleene

1も2も同じようなことなのですが、例えば「甘い香水をつけて、いつも女らしくしてくれていて、いつまでも自分をオスでいさせてくれる」という理想だけを押しつける40代のおっさんと20代のピチピチのフィリピーナ、という組み合わせで末永く仲良く暮らしているのは見たことがありません。
私の周りにいた日x比の幸せな夫婦は、夫婦揃って50代でした。お互いが20代後半~30代前半の頃に知り合って結婚して、20年以上共に人生を歩んできています。オスとメスとしてではなく、最愛のパートナーとして。

スポンサード リンク

 


彼女達は当然日本の永住権目当てで結婚しています。だけどフィリピーナの打算で始まった結婚生活の中で、夫婦としての絆が生まれることもあります。よく「結婚はゴールではなく、スタートだ」といいますが、フィリピーナ相手の結婚の場合、まさに結婚はゴールといえるでしょう。

永住権を与えた途端、ポイ捨てされるか。
それとも温かい家庭が築けるか。


仕事を終えて急いで帰り支度をしているフィリピン人女性A(50代)に「今日は珍しく急いでいるね」というと「うん。今日は旦那さんとデート!」と言って嬉しそうに帰っていきました。

結婚して20年も経って、デートが楽しみ!と妻に言わせることが男性は、きっと素敵な人に違いないのです。

もう一人のフィリピン人女性B(同じく50代)が、旦那さんと旅行に行った時の写真を見せてくれました。二人ともとても楽しそうで、寄り添って生きているという感じが伝わってきました。
「私の旦那さん、いつもパソコンの前に座って、少しでも安いツアーを探しているの」と呆れたように微笑んでいたフィリピン人女性B。そして旅行に行った時の写真のスライドショーを見せながら「ほら、私の旦那さんの髪型、ホームレスみたい」と言って笑っていました。

この素敵な男性達にとって、フィリピン人女性はペットでも専属ホステスでもないのです。生涯の伴侶なのです。きっかけは永住権取得でも、その後自分が男として、夫として、そして父としてどう生きていくかで愛のある結婚生活は送れると思いますよ。
ただし相手にもよりますから、そういう結婚生活を送れる情の厚いフィリピーナを見つけるのは、砂金採りに似ています。


関連記事