読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

大好きなフィリピン料理「シニガン」のさっぱりとした酸味の秘密

旨い!フィリピン


シニガンというフィリピンの料理。「死神じゃないよ」というフィリピーナの寒い駄洒落のおかげで、この料理の名前を忘れることはありません。

f:id:usmilitarybase:20151026022108j:plain

 具はご覧のとおり(と言ってもほとんど見えてないけど)がメインでししとう、えのき、里芋が入っていま す。これがさっぱりとしていて美味しいんですよ。スープも飲み干してしまいます。メインは鯖とは限らず、豚肉のことが多いようです。

シニガンのさっぱりとした酸味の秘密

で、このシニガンのさっぱりとした癖になる酸味の秘密なのですが、私は昔書いていたブログで「酢です」と書きました。当時は確かに「酢を入れた」と教えられていたのです。
ところが先日豚のシニガンをわけてもらった時、この酸っぱさは酢では出せないものだといわれました。何を使っているかというと、タマリンド という果実です。


タマリンド - Wikipedia


flickrでタマリンドの画像を探していたら、こんなカクテルっぽい画像も出てきました。絶対美味しいはず。

http://www.flickr.com/photos/97402086@N00/15266101316

photo by nan palmero

 
「酢はどのくらい入れたの?」とフィリピン人の知人にきいたところ「酢なんか入れてない。前もそういったでしょ」と言われたのですが、前回は確かに酢っていっただろおまえー!

「タマリンだよ」

フィリピーナがタマリンドという時、最後の「ド」はほとんど聞こえません。
タマリン♪タマリン♪ という風に聞こえます。今回はシーズニングを使ったそうです。


KNORR? SINIGANG MIX ORIGINAL シニガン(タマリンドスープ ミックス) 40g

ただ、タマリン+にんにくの組み合わせでも、臭みを消せなかったものもあります。それはラムです。ラムのシニガンを作ってもらったこともあるのですが、いつもの私なら具を食べた後にスープを飲み干す私も、これはスープを飲み干すことができませんでした。やはりワイルドな味なんですよ。だけどラムそのものは臭みがとれていて、柔らかくて美味しかった♪
それからこれとはまた別の料理で、ココナッツミルクベースの鯖の煮込み料理を作ってもらった ことがあったのですが、それも美味しかった。ギナタアンという料理だそうです。
鯖とい えばバカの一つ覚えのように味噌煮しか 作ったことがなかった私には、鯖ってこんなに色んなレシピがあるのか、と感動しました。ココナッツミルク、にんにく、しょうが、ししとうで煮込んだ鯖は青臭さ皆無なのに、鯖の脂はちゃんと効いていて最高。これがあれば白米はいらない!といいたいところだけど、やっぱり白米と一緒に食べたいです。
私は彼女達のようにうまく作れないので、彼女達が作る時は必ず事前 に教えてもらってziploc(大)一つ分わけて貰っています。病みつきです。

関連記事:なぜ日本はこのフィリピンバナナを輸入できないの?