読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

ガンジーを目指すな フィリピーナという濁流に飲み込まれないために


横須賀基地のフィリピーナ達との共存への道シリーズ その1

ガンジーを目指すな フィリピーナという濁流に飲み込まれないために

私がベースの外で働いていた時、フィリピン人と働くのが耐えられなくなって横須賀基地を辞めたという女性達に出会いました。
あるいは、ネイビーエクスチェンジで働いていたんだけど、そこもMWR同様にフィリピン人天国になってしまったことでストレスが溜まり、彼女達の手の届かないところ=MLC(ただし現在は日比ハーフが入ってきたりしているので完全に聖域とはいえなくなってきています)を目指して、無事異動できて心穏やかに暮らしている人も知っています。
だけどもしこの記事を読んでいるあなたが、今もフィリピン人天国から逃れられずに働いているとしたら・・・無駄に戦っても自分が追い詰められてしまいます。だってそこはフィリピン人天国なのですから。残された道は共存です。

「高潔に生きていれば神様が見てくれている」とかそんなこと言ってる場合じゃありません

私の経験からして清流(私)vs濁流(比)という形で話を進めて行きます。
私は最初、自分にこう言い聞かせていました。

"Keep your mouth shut and just do your job."
「余計なことは喋らずに自分の仕事をきちんとすること」

 

Flood

フィリピン人従業員達の多くは自分達だけが完璧で、他はダメと決めてかかっていますから、当然出勤するとすぐに粗探しをします。そして指摘してそれを他の人にまで言います。「マリアが○○をやらなかった」とかそんなことです。
自分がやられて嫌なことは他の人にもやりたくないから、私は黙って自分のやるべきことだけをやる。これは大切なことですが、黙っているとやつらはつけあがります。
ねちねち嫌味を言われてもぐっと耐え、高潔に生きていれば神様は見ていてくれるとかのんきなことを言っていると、フィリピン人従業員達をつけあがらせるだけです。そこで私はチャンスが到来した時にがつんと言ってみることにしました。
新人が入ってきました。従順そうなアメリカ人で、フィリピン人従業員に媚びない日本人従業員達を見て学んだこと 今変われない人は、来世も変われない - Inside the gateに登場したような、フィリピン人には媚びずに済む普通のアメリカ人達とは少し事情の違うアメリカ人でした。
フィリピーナ達の低俗な趣味=粗探しの矛先は私からそのアメリカ人に変わりました。そして今度は私にまで「あの子が○○をやらなかった」などと言ってくるようになりました。
そこでこう言って反応を探ってみることにしました。

「あの子まだ入ってきたばかりだし、やり忘れたことを見つけるよりもやってくれたことに感謝したほうがいい。それに私達は彼女のボスでも客でもないでしょう。彼女はお客様のために働いているのであって、私達を喜ばせるために働いているわけじゃない」

フィリピーナ達は完全に閉口しました。おそらく後から陰で私のことをぼろくそに言っていたと思いますが、こんな風に共存しつつも「濁流には飲み込まれませんから」という意思表示を、時々はっきりしておくことは大切です。

シリーズ2 私をはめようとして、逆に赤っ恥をかいたフィリピン人従業員の話 - 横須賀基地の裏キャプテン フィリピーノ・マフィア