横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

出稼ぎフィリピン人が母国に理想の家を建てるということが、いかに難しいか


日本人と結婚して合法的に日本に暮らし、仕事を得て送金しつつ自分達も将来のために蓄える。
フィリピーナ達の将来の夢は、母国に理想の家を建てて暮らすこと。

http://www.flickr.com/photos/45098669@N06/6521608335

photo by zbigphotography (1M+ views)

日本で働いていれば資金は貯められるけど、問題はその先だということをフィリピン人の同僚達に聞いたことがあります。
ベリンダ(仮名)というフィリピン人女性は理想のコンドミニアムを見つけて、毎月支払いをしていました。ところがあともうちょっとで支払いが終わるというところに来たら「はい、じゃああと200万フィリピン・ペソね」とぬけぬけと仲介業者が言い出したそうです。
激高したベリンダは裁判を起こしました。もう信用できない業者との取引はおしまい。そのコンドミニアムもあきらめることにしたのです。そしたら仲介業者が驚いて、今まで彼女が支払った分を全額返金してきたそうです。またフィリピンではこういう仲介業者は珍しくないとのこと。


ということは、フィリピンで理想の家を確実に手に入れる方法は、一括で支払って相手につけいる隙を与えないこととなってしまいます。だけどフィリピン人の多くは、溜め込んだお金をプールさせておくことに関しても、不安があります。なぜなら自分の家族に使い込まれる危険性もあるからです。

関連記事:家族に裏切られても送金をストップできないフィリピン人達

日本にいながら母国の仲介業者とやりとりをするフィリピン人がほとんどですが、何かトラブルがあった際には母国にいる家族を頼らなくてはいけません。その家族ですら「仲介業者がこう言っていたから100万フィリピンペソ送って」と嘘をつくかもしれません。金の亡者との心理戦に勝つには、自分が一括で支払えるだけのキャッシュとともにフィリピンに帰るしかないのです。

理想の家に住む、という彼女達の未来予想図の中に日本人の夫はいるかって?
それは以下の記事を読んで考えてみてください。

フィリピーナに捨てられるのはこういうタイプ