横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピーナはあったら困るのに、日本人女性はメイクしてでもつくりだしたいもの

ないものねだりですかねぇ。
フィリピーナ達が「あって困るもの」、それは涙袋(eye bags)です。日本では誰でもできる!自力で涙袋をつくる方法 - NAVER まとめ なんてページまで存在し、若い女の子達は板野友美ちゃんみたいな涙袋を顔に作り出すために、日夜研究に励んでいます。だけど目がぱっちりしていてその分涙袋だけでなくクマもできやすいフィリピーナ達にしてみれば、それは不思議でしかたがないでしょう。
涙袋がなんてあっても嬉しくないのはフィリピーナ達だけではなさそうです。

f:id:usmilitarybase:20170726051426j:plain

上に貼り付けたeye bagsの検索結果を見ればわかりますよね。「どうやって涙袋が永久にできなくなったか」「涙袋をなくす方法」なんていうページがトップにヒットするくらい、フィリピン人やその他の顔の濃い人種にしてみたら涙袋はクマと同じような存在なのでしょう。
私の知り合いでものすごく目がぱっちりしているフィリピーナがいますが、涙袋もとてもぷっくりしています。これが嫌でしようがないんですって。
「マッサージをすればなくなるのかなぁ」と彼女は悩んでいますが、マッサージをしてもなくならないんですって。

関連記事:フィリピン人が考えるフィリピーノ・ビューティー - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア