読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピーナの身を切るギャグ&ブラックジョーク

 

私はベースで接客業についていたため、シフトは不規則でした。当然変な時間にお腹が空きます。(よって代謝が下がり、太りやすくなる・・・・というのが当時の私の言い訳でした)
そうするとフィリピン人の同僚が食べかけのものを分けてくれるのです。そしてその時に彼女達が必ず言うことがありました。

「これ、口つけてない。フォークで切ったからきれい」

f:id:usmilitarybase:20150730040750j:plain

(フィリピン人がよく作るキャッサバのケーキのようなもの。もちもちしていて美味しいです。ココナッツ風味)


それを聞いて私はありがたくいただくわけですが、シモネタ大好きのレオノアはこう続けるのです。

「でも私の病気なら移ってもいいでしょ?STD(※)ないよ。その代わり、コラーゲンたっぷり!」

そういいながら、自分のお腹の肉をぎゅっとつまみます。シモの次は身を切るギャグ、というわけです・・・。
だけどこんな陽気なレオノアでも、うるさいフィリピン人のおばちゃん達のねちねちした嫌味に対しては、陰でこんな風にもらすこともあります。

「おばちゃん達、意地悪だよねえ。いらいらしているみたい。生理でもくるのかな」

どう見てもあがっているであろうおばちゃん達に対するブラックジョークです・・・。
 

※STD: sexyally transmitted disease 「性病」

余談ですが、タガログ語を勉強しようかな、と思うのは、こんなものを友人がフェイスブックに投稿したのを見かけた時です。

 

イラストからメッセージの内容が想像できない・・・。こりゃタガログ語を頑張るしかないでしょう。

関連記事