横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピーナと結婚するなら「俺だけは/自分達だけは違う」と思える何かを探すのをやめた方がいい

当ブログにはフィリピーナの行動を分析したがっている男性達の訪問者がたくさんいます。
検索キーワードから推測したことばかりですが、

  • 自分には写メを送ってくれたから
  • 自分はニックネームで呼ばれるから
  • 自分には家族の写真を見せてくれるから

・・・といったフィリピーナ達の行動を分析し、自分は客以上の特別な存在なのではないか、などと淡い期待を持った方々の来訪があとを絶ちません。

だけど彼女達が何を求めて日本にやってくるかわかりますか?永住権ですよ。ですから彼女達にしてみれば日本人男性を恋愛対象として見ることはまずないでしょう。私が彼女達と同じ立場だったら、やはり恋愛対象としては見れないと思います。
まずは達成すべき目標は日本人男性との結婚!大切な家族を養っていくために、それが最初の目標ですね。

フィリピン人にとって日本人との結婚は出稼ぎの「仕事」の一つである

日本人やアメリカ人との結婚は、安定を意味します。特に日本人との結婚は魅力的です。なぜなら日本は語学の壁があっても就ける仕事がアメリカに比べて多く、給与もいいですからね。そんな国に合法的に住んでしばらく働き続けることができれば、送金も続けることができます。
フィリピン人は家族をとても大切にしますから、母国に暮らす家族達を養うために日本で嫌なことがあっても頑張って働き続けます。そう、すべては愛する家族のためなのです。ですから日本人との結婚は、出稼ぎ大国出身の彼女達にしてみれば、別に日本人男性を傷つけようとか騙そうとか思っているわけではなく、愛する家族のために仕事をしているだけなのです。

スポンサード リンク

 

傷ついたり腹が立つのは恋愛感情を求めるから

フィリピン人女性と日本人男性の夫婦でも、偽装結婚ならばどちらも傷つきません。最初からビジネスとわかりきっていることですから。互いの利害が一致していればそれはそれでよいのです。
だけど日本人男性がフィリピーナとの結婚生活に愛を求めすぎてしまうから、ボートが沈没するのです。片方が重くなれば沈み始めるのは当然ですよね。だから「自分達夫婦だけは違う。二人をつなぐのは愛情だ」とか思わないほうがいいですよ。彼女達は日本にいる時点で既に永住権目当てなのですから。
特に横須賀近辺にお住まいの方は、そういう風に考えない方がいいです。

横須賀近辺では日本人男性と離婚して清々しているフィリピーナがごろごろいる理由

日本でも田舎に行けばわりと仲のよい日比カップルはいるはずです。フィリピーナがよそ見をしようにも、選択肢がありませんからね。横須賀近辺だと離婚率がぐっと上がります。なぜなら横須賀基地にはフィリピン人男性の数がすごく多いからです。

地方だとフィリピン人といえばフィリピンパブで働くタレントさん達くらいしかいませんが、横須賀にはフィリピン人男性も多くいるため、フィリピーナ達は恋愛対象が常に回りにいることになります。ですから恋に落ちれば「愛する男性と自分の家族を持ちたい」と考えるのも不思議はないでしょう。

関連記事:愛に生きるフィリピーナ(1) - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア


横須賀基地で働いている時に、日本の名字をミドルネームに持つフィリピーナにたくさん出会いました。要するに日本人男性と離婚して同郷男性と結婚した後も、なんらかの目的で日本の名字を手放さないフィリピーナがたくさんいるということです。

http://www.flickr.com/photos/21366409@N00/3318733509

photo by Storm Crypt

フィリピーナの腹の中を見て以来、自分達とは違う人達なのだと割り切れるようになった

横須賀基地のある施設で、日本人とフィリピン人の結婚式が行われた時のこと。新郎がフィリピン人、新婦が日本人という珍しい組み合わせでした。それを知ったあるフィリピン人女性従業員が笑いながらこういいました。

「日本人の女とフィリピン人の男の結婚、珍しいね。普通は反対ね」

その笑いを私は深読みしてしまいました。まるで「カモにされるのが日本人の男じゃなくて女というのが珍しいね」と言われているように感じてしまったからです。
それ以前にもこの女性従業員は「日本人に対して言ってよいことと悪いことがわかっていないのではないか」と思うほど、フィリピン人から見た日本という国家、そして日本人が「金のなる木」以上でも以下でもないと思っていることをよく私に話せて聞かせるのでした。
もちろんフィリピン人女性がすべて彼女のようなことをするわけではありません。中には彼女が私にあけすけに話す様子を見て眉をひそめたり、苦笑いするフィリピン人達もいました。
だけど彼女から色々聞いてフィリピン人の腹の中が見えたおかげで、彼女達と職場でうまくやれたのだと思います。「こういう人達なのだ」と割り切れたおかげで、と彼女達にこうであってほしい、と無駄に期待せずに済んだのですから。
フィリピーナとの結婚を考えているあなたも、「この結婚は恋愛の延長線上にある」と思いこんだりせずに、ありのままの彼女達を受け止めた方がよいです。
そしてもしも彼女達が同郷男性と恋に落ちてしまったら、離婚を阻止するために永住権を与えないといったような女々しい手段をとらないでください。そんなことをして引きとめても、もう修復不可能な関係だろうし、憎しみが深まるだけです。

この本を読んでもまだフィリピン人女性との恋愛結婚を望むのなら、結婚すればいい

フィリピン人女性に関する書籍は日本人男性の視点から書かれたものがほとんどですが、本書はフィリピン人男性の視点から書かれています。感情的にではなく、事実を淡々と書いているだけ。
フィリピン人達にとって日本はお金を稼ぐ場所であって、それ以上でもそれ以下でもなことがよくわかります。私もアマゾンでレビューを書きましたので、よろしければご参考にどうぞ。

横浜コトブキ・フィリピーノ

関連記事