横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

「でも」 "Yeah but..." フィリピーナは言い訳の女王

フィリピンパブ嬢にはまってしまう気持ちが少しわかる - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィアという記事に、北米在住のSUE様という方からとても的確なコメントをいただきました。

単体だと良い人だけど、複数になると厄介ですね(笑)
”使える使えない”で人脈が変わる。消耗品・飴は取られる一方。
日本一時帰国の際にお土産はねだられるけど、彼女たちが私に買ってくる事は無い。同郷びいきは確かに凄い。美を気にしてプライドも高いけど日々太って行く。ゴシップ好き。人の不幸はもっと好き。何がどうなろうと最終的には「全ては神が決めたこと」。給与上がっても「まだ低い」と文句を言う。口が軽く、夜エサを撒いておくと朝には無くなっている(いえ、即座に無くなりますー笑)


一つを除いてぜーんぶ横須賀基地のフィリピン人達とかぶってます!
SUE様の周囲のフィリピン人達と一つ違うところは、私の周りのフィリピン人達は、お土産に関しては気前がよい人達ばかりでした。それについてはまた他の記事で書きますね。
だけど上記には書かれていない、横須賀基地で働くフィリピン人女性達の特筆すべき共通点がもう一点あります。それは・・・・すみませんのひとことが言えないということ。
I'm sorry.という代わりに"Yeah but...."「うん、でも・・・」という言い訳が続きます。

Sorry Graphic

なぜたった一つのミスを認めることができないの?

フィリピン人男性は決してそんなことないんですよ。
「ああ、悪い悪い」
「ごめんね」
それで済みます。
だけどフィリピン人女性は老いも若きも自分のミスをぜっっっったいに認めません。まずは人のせいにします。他の人のせいにするのが無理そうなケースなら、物のせいにします。
「こんな風に見えにくいところにあるから間違えるのよ!」とか。
とにかく彼女達にとってどんなに些細なことであっても、ミスをすること=とても恥ずかしいこと、なのです。
だけど自分達のこういう性質はよくわかっているのです。ですから例えばあるフィリピーナが私に罪をなすりつけるような言い方を陰でしていたとしましょう。するとフィリピーナ達は「うんうん、そうだね。マリアが悪いんだね」と言いつつも、心の中では真実は他にあるとわかっているのです。他人のせいにしてまで自分のミスであると認めたくないのはお互い様だから。
もし自分がそういう風に言われていたらどうするかって?
言いたい奴には言わせておけばいいんじゃないんですかね。真実はいつか必ず明らかになりますよ。

私が同僚や上司にミスを指摘されて「すみませんでした」とあっさり言う姿を見ても、自分達もそういう風に素直に認めよう、と改心する人種ではありません。これは私が「もし仮に大金持ちになって会社を持ってもフィリピン人女性は雇わない」と思う理由の一つです。言い訳を聞くのが面倒くさい。
だって客相手にすら自分の非を認めませんからね。

Hard to say I'm sorry 対フィリピーナの場合「素直になれなくて」と訳せない

客:「17時ピックアップ予定の〇〇をとりにきました」

フィリピーナ:「え?〇日の17時って言ってたじゃないですか」

客:「言ってません。確かに今日の17時と言ったはずですよ」
フィリピーナ:「そんなこと聞いてません!」

フィリピーナは自分の手違いだとこの時点でわかっているのですが、もう引っ込みがつかないのです。意地でも自分のミスだとは認めたくない。認められない。たとえ客相手でも、ですよ!
アメリカのロックバンド・Chicagoの大ヒット曲で"Hard To Say I'm Sorry"という曲があります。日本語に訳されたタイトルは「素直になれなくて」ですが、フィリピーナの場合、Hard To Say I'm Sorry=「どうしてもすみませんと言いたくなくて」と訳した方がぴったりです。
私はこの特性を知っていたので「はいはい、そうですか」とスルーしていましたが、これに免疫がまだなくて、いちいち腹を立てていた日本人従業員やアメリカ人従業員達は彼女達を論破しようとしますよね。するとやつらはヒステリックになるんですよ。もう見ていて本当に無様。

【最後に】

何度かこのブログでも書いているように、フィリピン人達はピンだといいやつが多いです。だけど横須賀基地周辺のように完全にフィリピン勢が強い地域では、悪いところが目立ちます。数が多いから気が大きくなるのか・・・・。
ですからもしもあなたが日本の農村で暮らしていて、フィリピン人のよく働く奥さんがいたとしても、このブログに登場する強欲なフィリピーナと一緒にしないでくださいね。ピンならいい人が本当に多いのです。
しかも日本の農村なんて閉鎖的でしょう?日本人女性ですら嫁いだら厳しいであろうところに、母国で暮らす家族を支えるために日本人男性のところに嫁いできて、きっと孤独なはずです。それでも毎日頑張って生きているフィリピーナと、このブログに登場する厄介なフィリピーナ達を一緒にしないであげてください。

関連記事:ガンジーを目指すな フィリピーナという濁流に飲み込まれないために - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア