横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピーナが自分のミスを人のせいにするのは条件反射

交通事故を起こしても、反射的にとりあえずすみませんと謝るようなことはするな、と言われますよね。そこにつけこまれてどんどん自分が不利になるように処理されるといけないからです。
フィリピーナはその上をさらに行きます。明らかに自分が悪くても謝らないどころか、まずは誰のせいにできるかを考えます。人のせいにできなければ物のせいにします
>>「でも」 "Yeah but..." フィリピーナは言い訳の女王 - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア


彼女達がこのような行動をするのには深い意味などありません。人格的に深刻な問題があるわけでもありません。国民性だと割り切るしかないのです。どんな風にして人や物のせいにするのか具体例を挙げていきます。

オートロックのドアでも「勝手に開いたの!」と言い切る

大金が保管されている部屋のオートロックのドアがばーんと開かれたままになっていたため、最後に入ったフィリピン人女性従業員がそれを注意された時にこう言いました。
「私、確かに閉めた!だから勝手にドアが開いた!」
注意した側はその後何も言いませんでした。フィリピーナの脳内では、オートロックのドアでさえ勝手に開いてしまうのです・・・。

「最終確認?そんなのいいから!」と言って手渡したのは自分のくせに、漏れがあれば人のせい

bags

電話注文を受けた時のことです。確か全部で10アイテムくらいあって、それらをすべて詰めると3つの袋になりました。注文したお客様が来店されたのでお渡しする前に全て揃っているかダブルチェックしていたら「最終チェック?そんなのいいからいいから!」とフィリピーナが私の手から取り上げてさっさとお客様に渡したのです。

それから10分後、そのお客様から「1アイテム足りない」と電話が来ました。その足りない1アイテムは「これ、何?」と浮いたまま、運よくキッチンに保管されていました。私がお客様に電話で謝ってもう一度ピックアップしに来てもらうようお願いし、電話を切るとフィリピーナはこういいました。

「ああ、あなたがダブルチェックした時に漏れたんじゃない?」
そのダブルチェック中に「そんなことしなくていい」といって取り上げたのはお前だろう!!!!
以上のことをフィリピーナ同士で「マリアがこんなミスしたんだよ~」「え~そうなんだ~。あの人使えないね~」と陰で言いあいながらも、実は互いに「どうせこいつはマリアに自分のミスをなすりつけているんだろうな」とわかっているのです。だって彼女達は皆同じことをやっているんだもの。
女性達がこんなんだから、フィリピン人男性達は大変でしょうねぇ。そして稀に見かける誠実なフィリピーナ達を一層素晴らしい人に見せているのも、やつらの存在なのです。

関連記事:「でも」 "Yeah but..." フィリピーナは言い訳の女王 - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア