読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピン人にとってのクリスマス それは「聖なる夜」では終わらない

フィリピンの習慣・文化

国民のほとんどがカトリック教徒というフィリピンですから、当然クリスマスは一大イベントです。トロピカルなあの国では雪がふらないため、ホワイトクリスマスとはいきませんが、横須賀に暮らすフィリピン人達のお祝いの仕方を見ていたり、彼らから聞く本国でのお祝いの様子からすると、日本のクリスマスよりもずっとクリスマスらしい。クリスマスっぽさを感じるために雪なんていらない。それはなぜでしょうか?

フィリピン人の信仰心

Christmas lights, Bacolod City

「クリスマスに彼氏からもらうもののブランドがあのブランドだったらどうのこうの」とか聞いているとむなしくなってくるのが日本のクリスマスです。宗教的な要素はまったくなく、完全にビジネスですからね。そんな国にもわずかながらイエス・キリストの生誕をおごそかに祝っている日本人もいるのでしょうけど、正直言って銭の匂いしかしないイベントです。
だけどフィリピンは違います。それはなぜかというと、やはり信仰心の厚さでしょう。特に日本在住のフィリピン人の99%は出稼ぎ組、ゆくゆくは日本で働きたい学生などです。住みたくて日本に住んでいるフィリピン人は会ったことがありません。

フィリピン人研修生の過労死のニュースを見て、送金される側は何を思ったのだろう - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア


彼らの苦労は私には絶対に想像できないし、つらいからこそ祈りの力に支えられていることでしょう。だからこそイエス様のお誕生日は、彼らにとってとても大切な日。自分に力を与えてくれて、支えてくれる人のお誕生日はとても特別な日なのです。

こんな風に祝う 1.家族第一のフィリピン人!やっぱりFamily reunion

Philippines 2009/10

一般的なのが家族だけでなく親戚まで皆で集まって盛大にお祝いするケース。ただ盛大といっても、イエス様の誕生日ですから、どんちゃん騒ぎをして羽目をはずす感じではありません。
たくさんのご馳走とお喋り、笑顔、そして互いに神のご加護があらんことを願って過ごす時間。日付が24日から25日に変わる瞬間にMerry Christmas!そしてツリーの下に置かれたギフトを皆で開けます。ちなみにツリーですが、フィリピンでは9月くらいから飾り始めることも珍しくないそうです。いくらなんでも早すぎやしないか(笑)。

こんな風に祝う2.マヌゥ ポ

聖なる夜では終わらないのがフィリピンのクリスマス・・・・♪
この画像の男の子が何をしているかわかりますか?

f:id:usmilitarybase:20161225102043j:plain

photo courtesy of Mano PO - Mano po Images, Pictures, Photos, Icons and Wallpapers: Ravepad - the place to rave about anything and everything!

 

クリスマス当日やあるいはその少し前あたりから、小さな子供達は親戚や近所を回り、大人の手を取り額に持っていき"Mano po."(マヌゥ ポ)と言います。
これは表向きには「年長者を敬うジェスチャー」とされています。フィリピンでは年長者が絶対ですからね。あの国の年功序列は日本のそれとはまた違ったもので、より厳しいのです。特に女性はね・・・。

フィリピン人の女社会は、日本の女社会よりも面倒なのです - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア


だけど実はこれ、日本で言えば普段は顔もあわせない親戚の家に、お年玉欲しさから挨拶に行くのと同じなんですって。小さな子供達がやってきてマヌゥ ポと言って額に年長者の手をもっていったら、お金あるいはギフトをあげなくてはいけない。逃れられないんですよ。

「だから皆クリスマス付近になると居留守を使うんだよ」

笑いながらこう冗談を言ったのはフィリピン人の若い男の子です。ただこのマヌゥ ポは、クリスマスに限らず日常的に使われるんですって。

子供達がお小遣いを稼ぐためにマヌゥ ポの他に使われる言葉「バルゥ」>>【送金やめたよ!】たかられることに疲れたフィリピン人 - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

とまあこんな風に、横須賀基地で働いていると「クリスマスにはフライドチキンを食べよう!」みたいなものからどんどん遠ざかるわけです。