横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

【とにかく質より量】定番のフィリピン土産


フィリピン人の同僚達が故郷に帰省して帰ってくると、職場のみんなにお土産を配ります。皆に配る、ということはやはり質より量にこだわることになります。

フィリピンのミックスナッツ DING DONG

f:id:usmilitarybase:20150726053823j:plain

画像で見ると「おつまみによさそう!」と思うでしょう?だけど7gしか入ってないので、袋も小さいんですよ。だから指を一回突っ込んでつまむと、その後はほとんどつまむものが残っていないほど少ないのです。ですから私は開封したら、上を向いてがーっと一気に口に流し込みます。行儀悪いけど、綺麗に食べきるにはこうするか、菓子器に移して食べるしかありません。

ココナッツ味のスイーツとコンデンスミルク味のキャンディ

f:id:usmilitarybase:20150726053834j:plain

フィリピンの甘味というと、とにかくココナッツ風味のものが多いので、私のようにココナッツ狂いの人間は、フィリピンに行ったら確実に危ないと思います。そしてコンデンスミルク味のキャンディはものすご~くくどい、甘い。だから一気に一つは食べられないのですが、私のお気に入りの食べ方があります。

f:id:usmilitarybase:20150726053852j:plain

(断面はこんな感じ)

コンデンスミルク味のキャンディーを半分くらい噛みとって、口に含む。そこに濃い目に入れたコーヒーを流し込む。流れていくコーヒーにも、口の中に残ったキャンディーにも、ほろ苦さとくどい甘さがあってやめられないのです。

カラフルなセロファンで包まれたココナッツ味のスイーツも、お土産の定番なのですが、実は私、これは知人の家で作ったホームメイドのものだから、こういう簡易包装なんだろうなぁと思っていたのです。
だけどフィリピン人の同僚達が皆これを買って帰ってくるので、おそらくこういうものを超大量生産、超簡易包装して売っているお土産屋がフィリピンにあるのかもしれません。

余談

フィリピン人達は、帰省する時に行き先をthe Philippinesといわず、例外なくPI(Philippine Islandsの略)と言うことに気がついたのも、ベースで働くようになってからです。学校では教わらなかったことを大人になってから知ることは、楽しいですよね。

関連記事