読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

MWRとネイビーエクスチェンジだけじゃない。ここもフィリピン人の牙城です

フィリピーノ・マフィアとの闘い

横須賀基地のMWRは、数といい影響力といい、フィリピン人が完全に優勢です。
フィリピン人が正職員であるIHA枠におさまっていて、日本人が時給制(HPT)で働いている。HPTの日本人が、それだけでは生活できないから休日はバイトをしているのを見ていると、なんかおかしくないかって思ってしまうんですよ。ここは日本だよーっていいたくなる。
だけどこんな風にフィリピン人が際立って多いのは、実はMWRやネイビーエクスチェンジ、カミサリーだけではありません。私が知っているだけで二カ所あります。

f:id:usmilitarybase:20161106022812j:plain

横須賀基地の空席情報【英語版】JN Yokosuka Regionより転載

【一箇所目】 ここで働くフィリピン人は、日本語の名字をもつフィリピン人が少ない

施設名は検索でひっかかるといけないので書きませんが、上の画像で水色で囲ったところがそれです。この施設は常に大量の募集が出ていますよね・・・。だけど人がいつかない理由はフィリピン人ではなくて・・・・あ、この先は自粛します。

とにかくこの施設もフィリピン人が多いのですが、MWRと大きく異なる点があります。この施設で働くフィリピン人はブロークンではなくて、きちんとした英語を話すフィリピン人や、あるいはフィリピン系アメリカ人アメリカで生まれ育ったけど、心がフィリピン人)が多いのです。

くだらないことで客の前で喧嘩しだすおばさんとか、そういうフィリピン人がいないんですよ。そしてそういうおばさん達の名字はほとんど日本語の名字です。永住権目当てで日本人と結婚し、永住権を手に入れた後離婚したおばちゃん達(フィリピン人女性はなぜか離婚後も日本性を名乗ります。その理由)です。

でもこの施設のフィリピン人は、フィリピン人同士の夫婦が多いんですよ。日本人と結婚する必要のなかったフィリピン人・・・というと、ちょっと背景が見えてきませんか?

米軍のdependant(扶養家族)の特権を持ったフィリピン人

フィリピン人同士の夫婦ということは、日本人と結婚しなくても安定を手に入れられたということ。
ここから先は私の想像ですが、こういう知的レベルの高いフィリピン人って、米軍がまだフィリピンに基地を持っていた頃に、フィリピン人なんだけど米軍の兵士として働いていた親を持っているから(フィリピン人でも米軍に入れたのです)、dependant(扶養家族)として米軍基地の仕事に就くことができたんじゃないかな。
こういう扶養家族が一番仕事を探しやすい米軍基地は、グアムの基地だといいます(フィリピン系が多い)。

Ritidian Point at Guam

そこを足掛かりにして、もっと待遇のよい日本にやってきたのだろうと思います。というわけで、フィリピン人の牙城ではありますが、この施設はMWRみたいに「いかにも発展しなさそうな発展途上国」感はありません。
やっぱりどの国にもしょうもないやつらと、きちんとした人っているんですよね。

【続きまして二ヶ所目】一見華やかなその職業。なぜしょっちゅう募集がかかっているのか

二ヶ所目も施設名は伏せますが、意味ないな(笑)。NEX系列です。ここに採用されたけどすぐ辞めた人に内情を聞いてみました。
仕事の等級は1-3と高くはないけど、そのジョブ・タイトルを聞けば、誰もが「横須賀基地の中ではちょっといい感じの仕事」をイメージするでしょう。
なのになぜしょっちゅう募集がかかっているのか=そのポジションの人がすぐにやめてしまう理由は、フィリピン人従業員達によるいじめがひどいからだそうです。
そういうことをするのは、フィリピン系アメリカ人や、米軍で働いていた親を持つフィリピン人(dependant)ではなく、防衛省雇用(IHA/HPT)のフィリピン人だそうです。とにかく数が多いのだとか。
この話を教えてくれた人は、彼女達の「99%被害妄想じゃないの?」とつっこみたくなるようなくだらないゴシップや、いつも誰かしらの足を引っ張ろうとしているその空気に耐えられなかったとのこと。
そして辞めようと決断するきっかけになったことがありました。それはどうしても急用で当日欠勤しなくてはならなくなったことがあった時、翌日出社したらフィリピン人達によってたかって「どうせ嘘なんでしょう?」と、言われたそうです。

「この人達、頭おかしいわ」


そう思ってすぐにマネジメントに辞意を伝えたそうです。ちなみにこの人自身もフィリピン人です。なのに同郷の人間にいじめられたんですよ・・・・フィリピン人同士の身内贔屓のすごさを知っている私としては、最初はこの話が信じられなかったのですが、ちょっと考えてみれば納得のいくものでした。

「さくらん」にこんなセリフがありました。

人より多くもらう者は、より多く憎まれる

この女性は、ご主人がいい仕事に就いていて、ご本人も見るからにいかにも育ちのよさそうな感じだったから、フィリピン人達にしてみれば面白くなかったんじゃないかなぁ。

関連記事:横須賀基地のMWRで働く日本人従業員にとって明るい未来はないでしょう - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア