読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピン人は「静かにおひとりさま」を好まない

フィリピンの習慣・文化


フィリピン人に実効支配される在日米海軍横須賀基地・・・そしてその周辺も、どこに行ってもフィリピン人からは逃げられません。マニラかよっていうくらいうようよいます。
だけどベースからも駅からも近くて便利なのに、フィリピン人をまったく見かけないお店もあります。例えばカフェ・ド・クリエ

これは横須賀中央リドレ店。ザ・タワー横須賀中央の下に入っている商業施設の一つ。

f:id:usmilitarybase:20161015223403j:plain

横須賀中央でフィリピン人フリーのお店を見ていて気づいたこと

フィリピン人フリーというのは、「フィリピン人は全員無料でOK!」とかそういう意味ではなく、Filipino-free=フィリピン人がいないという意味ですよ。
昼間は暇をもてあました中高年、夜は勉強で長居する大学生達で混みあっている飲食店ですが、フィリピン人がいない理由は、彼女達にとってコスパが悪いから
このお店で売られているのは軽食中心。だからサンドイッチを頼もうがパスタを頼もうが、ポーションが小さめ。それに加えて飲み物をオーダーしてもお腹がいっぱいにならないからといって、デザートを頼むと1000円を超えてしまいます。日頃節約して母国に暮らす家族や親戚に送金する彼女達に、そんな贅沢は許されません。だったら1000円以下でお腹がいっぱいになるやよい軒に行こう!と思うでしょう。

f:id:usmilitarybase:20150203145737j:plain

フィリピン人は、空間や時間にお金を払うという感覚がない

よく考えてみると、フィリピン人は男女とも一人でコーヒーを飲みながら読書をしている姿を見たことがありません。そういうものに払うお金はもったいないと感じるのでしょう。

f:id:usmilitarybase:20161015223337j:plain

時々通りを挟んですぐそこにあるタリーズで、一人でコーヒーを飲んでいるフィリピーナを見かけますが、たいていスカイプをしています(そして「静寂」のためにお金を払ってそこにいる他の客から静寂を奪い取っています・・・)。
静かに読書をしたり、仕事をしているわけではないのです。
日本人やアメリカ人は「ゆっくりと一人になれる場所」やそこで過ごす時間にお金を使いますよね。そのお店でどうしてもコーヒーが飲みたいわけではなく、コーヒーはその場所を使うために支払う入場料代わりのようなものです。
だけどフィリピン人はこういうことにお金を使わない。使うとしたら安くてお腹がいっぱいになって、わいわいおしゃべりできる場所。だから汐入のグラッチェガーデンズなんて大好きですよ。

関連記事:「時間潰すのつきあって」のひとことが言い出せないフィリピーナ - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア