読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピーナの良心


このブログでは散々フィリピン人女性はがめつい(ただし私が知っている範囲内です。横須賀・サンディエゴ限定)と読者を洗脳してきたため、今日は彼女達のいいところについて書こうと思います。
彼女達は数が増えると(横須賀基地はすごいのよ)面倒ですが、ピンならいい人達です。

フィリピン人女性は日本人男性を純粋な恋愛対象としては見ません。なぜなら「とにかく日本人男性と結婚しなくては」という任務を背負わされて母国を離れてきているのですから、打算的になるのは当然です。
だけど彼女達は信頼関係を築き上げた日本人女性であれば、友人として尊敬してくれます。当然私達のお金も時間も大切にしてくれます。これは私が彼女達と苦楽を共にして感じたことです。

自分のために時間を割いてくれた人に対し、金まで出せとは絶対に言わない

私はフィリピン人(男女問わない)と飲みに行ってお金を払ったことがほとんどありません。誘った側が払うというのが彼らにとってはあたりまえのようです。
これが日本人女性相手なら、聞いてても眠りに落ちてしまいそうな、退屈を通り越して苦痛な恋ばな、愚痴を延々としたあげく、しっかり割り勘ということがほとんどですよね(日本の割り勘文化を呪いますよ)。
だけどフィリピン人女性にそういうことをされたことは一度もありません。
ろくでなしの夫が児童手当までギャンブルにつぎ込み始めたため、振込先を自分の口座に変える手続きを手伝って欲しいとフィリピン人女性に呼び出された帰り、彼女達母娘とファミレスによりました。会計になると手の平を私に向けて「私が払います」というのです。

Heart

ただでさえ生活費に困っている知人に自分の分まで支払わせるなんてできませんから、当然自分で払うと申し出るわけですが、ここは払わせて欲しいとがんとして譲らないのです。

横須賀基地のフィリピーナ達にとってはお金とコネが全て。だけど彼女達との信頼関係は絶対にお金で買えない

金とコネが全てというとがめつい響きがしますが、がめつくなるのもしようがありません。だって母国に暮らす家族に送金しなければいけないのですから・・・。
アカウンティングに送付した一晩の売上金が千ドル単位でショートしていたフィリピン人女性を救ったのもコネでした。
ですから金にもコネにもならない人間達は、彼女達に無下に扱われるかと言うとそうでもありません。
確かに金や強力なコネを持っている人に比べれば下に見られるでしょう。だけど一緒に働きながら、こいつは口が堅いとか、こいつは機転が利くから話していい事と悪いこと、話していい相手と悪い相手の違いくらいわかるだろうと信頼してくれると、多くのtips(ここではお金のチップではなくて、コツという意味)を共有してくれます(あまりマネジメントには知られたくないtips。もし知られたら「楽しようとするな!」とどやされそう)
そういうことを共有させてもらうと、忙しくて気が狂いそうな時でもそのtipsを使うことによって、少しはましになるのです。まあここらへんはフィリピン人女性に限ったことではなく、どの国の人にも言えることかな。また思いついたら書きたいと思います。

散々人にしようもない話を聞かせてしっかり割り勘する日本人女性について

こういうフィリピン人女性達に対し、人の金も時間も無駄遣いする日本人女性達について思うことは、お互い様ならいいと思うんですよ。あなたも話も聞くからね、という風に。
だけどお互い様ではなく、聞かされている側にしてみれば「誰かに聞いて欲しい話があっても、この女にはしようとは思わない」という場合、その人はいつも聞かされるだけなのです。ということは、人間関係として対等ではない状態です。支えあえる関係ではなく、どちらか一方が利用・依存している状態。
こういう人とは徐々に距離を置いていくようにしていったほうがよいです。つきあっていても負のオーラが伝染するだけです。