読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

美白信仰は日本以外の国にも存在する

フィリピーナの美容事情


下の画像のように、美しさよりもUVを重視した、ファッションとしては「???」な服装をするほど完全防備に走るのは、世界中を探しても日本人女性だけでしょう。

だけど実は美白信仰は日本以外にも存在します。日本ほど病的ではありませんけどね。
私が出会った美白信仰者の出身国を見てみますと:

1.フィリピン

大人のイラスト会話トラベル フィリピン語(タガログ語)

小麦色の肌も美しいのに、白!白!と目指すのはもったいないなぁと思います。小麦色の肌を持つ彼女達がターコイズブルーやフューシャピンク、卵の黄身みたいな優しいイエローを着ると、とても美しいのです。歩いている姿が、まるですいすい泳いでいる熱帯魚みたいで可愛いんですよね。

 

2.インド

チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター [DVD]
(大げさな演技にはまって、踊りを覚えるほど見てしまいました)

メーカー勤務時代、インドからの男性出張者に「どこの化粧品を使っているのか教えてくれ」と聞かれることが多かったんですよ。なぜなのだろうと不思議に思っていると、「色白の君が使っているものを使えば、僕の妻も白くなるかもしれないから、お土産に買って帰る」とのことでした。なるほど!

これは男性が奥様を漂白したいというわけではないのです。奥様が少しでも色白になりたいと思っているんですよ。そんな奥様のためのお土産を探していたというわけです。
私は白い肌なんて要らないから、奥様のようなぱっちりとした目と小さな丸顔がほしいです、と思っていました。愛嬌のある可愛い顔、いいなぁ。お互いないものねだりですね。

美白とは関係ありませんが、町 亞聖さんはインドに行ったら絶対にヒンドゥー語で話しかけられると思います。

3.タイ

http://www.flickr.com/photos/44345361@N06/8458064496

photo by VinothChandar

タイの女性もスキンケアとなると「美白!」だと、タイに単身赴任していた男性に聞きました。

以上三カ国ですが、日本も入れて見てみると、アジアばかりですね。やはり、というかなんというか・・・。