読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピン人はなぜ子だくさん?

フィリピン人にとっての結婚

世界中が少子化傾向なのにフィリピン人はまだまだ子沢山の家庭が多いですよね。子供が二人、三人だと少ない方です。なぜフィリピン人は子沢山なのでしょうか?

先日フィリピン人の知人に聞いてみたのですが、理由はこうです。

「女の子が生まれるまで頑張るから」

IMG_2788

フィリピンでは女の子が生まれると家族だけでなく親戚まで大喜びします。
「この子が大きくなったら日本に行って稼いで家族を養ってくれる!」
自分の子供に食わせてもらう気満々です。しかも出稼ぎに行った娘が働きすぎて体調を崩したとしても、心配するのは娘の体のことではなく、「送金はどうなるの?」=自分達の生活ですからね。呆れてものが言えません。

(”フィリピーナは金にうるさい - 横須賀基地の裏キャプテン フィリピーノ・マフィア”より引用)

フィリピンでは女の子は輸出品として価値があるけど、男の子は女の子ほど期待できません。どちらも日本に出稼ぎに出られるという点では同じですが、合法的に滞在し就労・送金し続けるため、また永住権取得のためには日本人との結婚が一番手っ取り早いわけです。
するとやはり結婚に持ち込みやすいのは日本人女性よりも日本人男性。だからフィリピン人は女の子が産まれると大喜びするのです。

ちなみにフィリピーナが日本人男性に偽装結婚を持ち掛ける場合、謝礼(報酬?)の相場は200万円前後だそうです。話を持ち掛けられた人達に聞きました。多くのフィリピン人が暮らす横須賀では珍しくありませんし、持ち掛ける側には負い目はまったくなく、あっさりとしたものだそうです・・・。それにしても200万円って安いよねぇ。

関連書籍  1

(アマゾンでレビューを書きました)


「フィリピーナをこうやって攻略しました」「こんな風に騙されました」という日本人男性の視点から書かれた、煽情的な表紙の本はたくさんあります。だけど本書は日本で暮らすフィリピン人に関する、"フィリピン人男性の視点"から書かれた数少ない本の一冊です。

 

関連書籍  2

フィリピン人はほとんど出てきませんが、これを読んでタイ人の女性もフィリピン人女性の出稼ぎ労働者と同じなんだなと思いました。日本で必死に働いて家族に送金し続ける。体を壊しても母国の家族から「金はまだか?!」と急かされる。
社会の底辺の仕事で体を酷使し、エイズにかかって日本でなくなってしまったタイ人女性をあの世に送るために、最期に街娼仲間達がキティちゃんのパジャマを着せてあげるのですが、それが切ないんですよ。
ずっとずっと家族のためだけに働かされて、与える一方だった。エイズに蝕まれた体をやっと優しく包んでくれたものは、母国の家族の愛ではなく、キティちゃんのパジャマなのです。家族達は「あーあ、死んじゃった。困ったね」って感じですからね。

これからより多くの出稼ぎ労働者に頼っていくことになる日本。受け入れ態勢の準備をどんどん整えていくことも大切です。

日本語講師の資格取得を目指す!徹底比較 通信講座VS書籍VS通学