横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

横須賀基地で働く日本人にとって残された道は、彼らとの共存しかないのか・・・

フィリピン人はデザートといえばココナッツ風味にするのが好きですよね


フェイスブックでフィリピン人の知人がシェアしていたTupigというレシピが美味しそうなので、ブログでシェアしたいと思います。日本で作るのは難しいけれど、フィリピンじゃなくても、ココナッツとバナナの葉が手に入る場所にお住まいの方なら誰でも楽しめるレシピ。
横須賀市ですと、フィリピン食材のお店「アプリナ」で時々販売しているようです。

 

TUPIG 2 cups glutinous rice flour1 cup shredded coconut3/4 cup coconut milk1/2 cup brown sugarbanana leaves cut to...

Posted by I Love Filipino Food ",) on 2015年10月27日

使うもの

  • 2 cups glutinous rice flour(もち米粉)
  • 1 cup shredded coconut(シュレッドされたココナッツ)
  • 3/4 cup coconut milk(ココナッツミルク)
  • 1/2 cup brown sugar(ブラウンシュガー)
  • banana leaves cut to 3" in width for wrapping(バナナを包むために使うために3インチ幅=約7.6cm幅にカットしたバナナの葉)


Tupigの作り方(日本語訳)

  1. バナナの葉を除いたすべての材料を混ぜて生地を作ります。
  2. 大さじ一杯の生地を葉に乗せて均等になるよう平たくのばし、包みます。
  3. すぐに炭火あるいはグリルの上において熱します。ちょくちょく裏返して調理します。
  4. バナナの葉が全体的に黒く焦げたらグリルからおろし、冷ましてからいただきます。

 自分で書いていて「あれ?」と思ったんだけど、バナナの身の部分は使われていないんですね。画像を見るとどう見ても蒸し焼きバナナなのに。
バナナの葉をアルミホイルで代用したら日本でも作れそうですが、バナナの葉が加えてくれる南国にしかない芳ばしさっていうところが大切なんだろうなと思います。

コメント欄で見かけた美味しそうなアレンジ

「もち米粉の変わりにキノア粉を使い、ブラウンシュガーの代わりに有機生蜂蜜有機ブルーアガベシロップを使ったら最高だった!」

アガベシロップといえば、甘味調味料の中でも血糖値の上昇が緩やかであることで有名ですね。

成城石井 有機JAS ブルーアガベシロップ 330g


関連記事